/

この記事は会員限定です

スズキの鈴木修会長退任 「多くの失敗から学んだ」

最後の株主総会で

[有料会員限定]

スズキは25日に定時株主総会を開き、43年にわたって経営トップを務めた鈴木修会長(91)が退任した。鈴木氏は総会の最後にあいさつし、「メーカーは造っておしまいではない。売ってなんぼ。販売店、お客様に感謝します」と述べた。今後は長男の鈴木俊宏社長を中心に電気自動車(EV)開発などの経営課題に取り組む。

修氏は同日に相談役に就いた。総会では経営者人生を振り返って「数多くの失敗をしたが、多くの学びがあり、成長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン