/

この記事は会員限定です

神戸製鋼、需要回復も投資抑制

高級鋼の採算改善進まず

[有料会員限定]

神戸製鋼所が鉄需要回復の波に乗れないでいる。2024年3月期までの3年間の中期経営計画で、投資キャッシュフロー(CF)を年1070億円程度と、過去5年平均比2割抑える。高級鋼に力を入れてきたが、採算が改善していないためだ。高炉の休止も議論するなど、事業立て直しの必要が高まっている。

「電炉の導入を含め複数の選択肢がありえる」。5月に開いた中計の説明会。山口貢社長は高炉休止の可能性を問われた際、こう答えて将来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン