/

この記事は会員限定です

不妊治療 職場ぐるみで学ぶ

研修で理解広め 制度使いやすく

[有料会員限定]

菅義偉首相が支援を少子化対策の柱に据え、認知度が上昇した不妊治療。政府は経済的負担の軽減のほか、仕事との両立支援にも注力する。休暇制度等を整備する企業が増え始める中、さらに一歩踏み込んで、上司や同僚の治療への理解や、制度の使いやすさを高めるための取り組みに乗り出す企業も出てきている。

「もう仕事はやめた方がいいのかな」。東京都内の大手メーカーの人事部。体調が悪いと相談に訪れた30代の女性社員は、パ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1814文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン