/

この記事は会員限定です

広州、コロナ禍で「20分ルール」

[有料会員限定]

中国南部の広東省では5月下旬、約9カ月ぶりに新型コロナウイルスの感染者が出て、一部地区の封鎖などの対策が取られている。省外への拡大を防ぐため「48時間ルール」が生まれ、省都の広州市では「20分ルール」もできた。

前者は48時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明を提示しないと省外へ出られない。20分ルールは感染者がいた場所から半径250メートル以内で20分以上過ごした人は特定され、コロナ対策アプリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン