/

この記事は会員限定です

仕事向けアプリ8割増 コロナ禍、ゲーム以外に軸

ダウンロード、昨年4%増

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で、仕事や生活分野でスマートフォン(スマホ)アプリの利用が顕著に増えている。米調査会社アップアニーが2020年の日本でのアプリのダウンロード数を分析したところ、19年比で4%伸びた。減少傾向が続くゲームを除くと8%増。8割増の仕事向けを筆頭に飲食、金融などでアプリの利用が広がっている。

「デジタル庁の発足や高速通信規格『5G』の登場、働き方改革などで、スマホ経由のサービスの利用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン