/

この記事は会員限定です

ホンダ社長「経営資源を脱炭素に集中」 株主総会

[有料会員限定]

ホンダは23日、都内で定時株主総会を開いた。4月に2040年までにエンジン車の新車販売をやめて電気自動車(EV)など走行時に二酸化炭素(CO2)を出さない車だけにすることを公表している。三部敏宏社長は「カーボンニュートラルに経営資源を集中させる」と改めて強調した。

株主からは「脱エンジン」について「創業者の本田宗一郎氏が悲しむのではないか」との質問が出た。三部社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン