/

この記事は会員限定です

米中対立が迫る行動変容

[有料会員限定]

英コーンウォールで開いた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、各国は対中国での結束を演出した。バイデン米大統領は対立の構図を「民主主義と専制主義の闘い」と表現する。日本は今後、どうすべきか。トランプ前政権からの攻防に目をこらすと、米中対立に向き合う際の3つの原則がみえてくる。

第1に、軍事的な安全保障に関わる分野で、日本は覚悟を新たにする必要がある。世界覇権のカギは軍事力だ。G7は首脳宣言で「台湾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン