/

この記事は会員限定です

木瀬照雄(23) 覚悟の第一歩

「将来の100年」へ社風改革 企業理念示し職場で毎朝唱和

[有料会員限定]

「これから100年続く企業へ社風を変えなければ」

2003年(平成15年)6月、社長に就任して最初に取り組んだのがこれ。デフレ経済の中で厳しい経営が続き、構造改革など組織も大きく変わった。正社員、派遣社員などの雇用契約や海外展開により従業員の国籍、宗教、人種も多様化した。名刺やユニホームに「TOTO」とあるが、海外会社も含めて一丸となっているのか。グループ全体の理念が必要だと感じていた。企業理念の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン