/

この記事は会員限定です

米経済対策をどうみるか(下) 議会運営、追加策の成否 左右

中林美恵子・早稲田大学教授

[有料会員限定]

米バイデン政権は3月、新型コロナウイルス対策である米国救済計画を成立させた。総額は1.9兆ドル(約200兆円)規模に達したことから、経済の過熱を懸念する声も上がった。また共和党議員の賛成を得ずに成立させたため、バイデン大統領が唱えた与野党の協力は実現しなかった。

それでも救済計画は全国民の75%、共和党支持者に限っても59%の支持を得た(米モーニング・コンサルト、米ポリティコ調べ)。バイデン政権の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン