/

この記事は会員限定です

認知症薬承認に批判の声

議員や消費者団体、米当局に対し「科学無視」

[有料会員限定]

【ニューヨーク=西邨紘子】エーザイと米バイオ製薬バイオジェンが開発したアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」(製品名・アデュヘルム)の新薬承認を巡り、米食品医薬品局(FDA)への批判が高まっている。専門家で構成する諮問委員会がこの薬の承認を勧めなかったにもかかわらず、FDAが承認に踏み切ったことが問題視されている。同局の幹部に辞任を求める声も出始めた。

民主党のジョー・マンチン上院議員は17日、バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン