/

この記事は会員限定です

外国人支援、企業価値に

地方や上場企業、取り組み拡大 政策後押し、スピード欠く

[有料会員限定]

外国人従業員の労働環境の改善や生活支援の取り組みが、企業の評価を分け始めた。人権意識の高まりで、金融機関や投資家が「外国人との共生」を重視し始めたためだ。企業が支援活動を進めやすいよう、政策による後押しを急ぐときだ。

国連が掲げたSDGs(持続可能な開発目標)の実現へ行動する企業に融資する「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」。自動車シートの裁断や縫製加工の平野ビニール工業(静岡県磐田市)は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン