/

この記事は会員限定です

最低賃金、大幅上げなら企業負担増も

今年度の議論開始

[有料会員限定]

厚生労働省の中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)は22日、2021年度の最低賃金の引き上げに向けた議論を始めた。政府は新型コロナウイルス前に年3%程度上げてきた実績を強調し大幅な引き上げを求める。人手不足感はコロナ前の水準まで戻らず、引き上げが雇用に悪影響を与える可能性もある。コロナの影響や見通しをどう評価するかが焦点になる。

最低賃金は企業が労働者に支払わないといけない最低限の時給で、違反する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン