/

この記事は会員限定です

大村知事、ワクチン不足に懸念

愛知の市町村 確保は希望の半分

[有料会員限定]

愛知県の大村秀章知事は22日の記者会見で、7月5~18日に国から供給される米ファイザー製ワクチンは県内市町村が希望した量の半分程度しか確保できないと明らかにした。職場接種で用いる米モデルナ製の供給も企業の希望より遅れているといい、接種ペースが加速するなかで「国のワクチンの在庫がなくなってしまったかもしれない」と指摘した。

大村氏は職場接種などで予定より接種時期が遅れることも「ありうる」との見方を示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン