/

この記事は会員限定です

新興勢、「デジタル保育」支援

ユニファ 検温・排便データ 自動記録/コドモン システム提供、1年で1.5倍

[有料会員限定]

スタートアップの技術が保育園の業務を効率化している。IT(情報技術)活用で保育を支援するユニファ(東京・千代田)はアプリ上の連絡帳に検温や排便のデータを記録するシステムを開発する。昼寝の見守りデータから体調不良を予測するサービスも登場した。新型コロナウイルス禍で非接触のニーズが高まり、ITやデジタルの導入が加速している。

ユニファの主力事業の一つはパソコンやスマートフォンのアプリで保護者とやり取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン