/

この記事は会員限定です

NY株急反発、586ドル高

米金融政策巡り思惑交錯

[有料会員限定]

【ニューヨーク=後藤達也】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は先週末比586ドル高の3万3876ドルと急反発した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ前倒し観測で前週のダウ平均は週間で今年最大の下げ幅となった。ただ、前週の売りは過剰反応との見方が出たうえ、米景気への期待も根強く、幅広い銘柄に買いが入った。米金融政策への思惑は交錯しており、不安定な相場が続きやすいとの声も多い。(関連記事総合面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン