/

この記事は会員限定です

最低賃金上げ議論開始

厚労省審議会、来月にも目安決定

[有料会員限定]

厚生労働省は22日の中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)で、2021年度の最低賃金の引き上げに向けた議論を始めた。労使の代表者と有識者らで協議し、7月中にも都道府県別に引き上げ額の目安を示す。新型コロナウイルス感染拡大前の引き上げペースに戻るかが焦点となる。

三原じゅん子厚労副大臣は審議会の冒頭で「経済の好循環の継続、拡大に向けて最低賃金の引き上げは非常に重要だ。より早期の全国平均1000円実現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン