/

この記事は会員限定です

日経平均953円安

一時1100円安 米利上げ警戒広がる

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で日経平均株価は前週末比953円15銭(3.3%)安と急落し、下げ幅は約4カ月ぶりの大きさとなった。18日に米連邦準備理事会(FRB)の高官が2022年後半への利上げの前倒しを示唆する発言をしたため、世界的に景気回復が鈍化するとの懸念から売りが膨らんだ。ただ、21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反発して取引が始まった。(関連記事総合1グローバル市場面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン