/

この記事は会員限定です

コロナと闘う経済学(1)接種推進、報酬も選択肢

ブリティッシュコロンビア大助教授・野田俊也氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる未曽有の経済状況が続くなか、国内外で研さんを積んだ若手経済学者が独自の分析で課題解決に挑んでいる。効果的な制度設計を考えるマーケットデザインやビッグデータ分析など最新の手法を生かした研究成果と政策への含意を聞いた。初回はカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)の野田俊也助教授。

――日本でもようやくワクチン接種が本格化しました。先行する米欧では接種率の伸び悩みもみられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン