/

この記事は会員限定です

迷走みずほ問題(中) ほつれる縦糸と横糸

カンパニー制、責任曖昧に

[有料会員限定]

「縦割りで内向きの発想が残っている」。みずほ銀行の藤原弘治頭取は、一連のシステム障害を巡り16日に開いた社員向け説明会でこう述べた。ある社員から「事なかれ主義を感じる」との声があがったのに対し、「新しいことにも積極的に踏み込んでほしい」と消極的な企業風土の改革を訴えた。

2月28日の障害は午前10時ごろに発生したが、情報共有に手間取った。みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は午後2時にメールを受信したが午後4時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン