/

この記事は会員限定です

<コロナで変わる医療>医師集約で働き方改革を

中小病院間での分散を回避

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対応では一部の医療従事者の過重労働が問題になった。中小病院が乱立し医師らが分散する状況が一因で、医師の業務を他職種に委ねることも課題だ。2024年度から医師の残業規制も始まる。コロナが浮き彫りにした課題は医師の働き方改革に直結する。

「家族に感染させないよう2週間ホテル住まい。コロナを診療する医療者への誹謗(ひぼう)中傷にとても傷ついた。使命感で必死に働いた」。昨年の第1波当時に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン