/

この記事は会員限定です

経済的誘因に工夫の余地

[有料会員限定]

野村総合研究所の予測によると、30年度にZEHの累積戸数は159万戸だ。このままでは国の政策目標とされる313万戸に遠く及ばない。

住宅の新築や購入は消費者が温暖化対策に大きく貢献できる機会だが、たびたびあることではない。省エネ住宅への補助金などとともに、脱炭素が不動産価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン