/

この記事は会員限定です

大塚家具と島忠「桐一葉」

再編劇 大手の軍門に

[有料会員限定]

ニトリホールディングス(HD)と島忠」「ヤマダホールディングス大塚家具」。この組み合わせには2つの共通点がある。

1つ目はM&A(合併・買収)による再編劇が繰り広げられたこと。2つ目は買収された島忠と大塚家具の創業の地が埼玉県春日部市であることだ。同市周辺は桐(きり)たんすの産地として知られる。両社とも発展の礎は桐にあり家具店から上場企業に上り詰めた。

「桐一葉(きりひとは)」。桐の葉が落ちるのを見て秋の訪れを告げる言葉で、衰亡の予兆として用い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン