/

この記事は会員限定です

酒類、東京・大阪も容認

「2人以内・夜7時まで」条件

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対応が緊急事態宣言から「まん延防止等重点措置」に移行する東京都と大阪府は18日、飲食店の酒類提供を条件付きで容認することを決めた。宣言下では酒類提供の取りやめを要請していたが、1組2人以内などの条件を満たせば午前11時から午後7時まで可能とする。感染再拡大を懸念し、政府が通知した条件より厳しくした。(関連記事総合2面、社会1面に)

いずれも同日の新型コロナ対策本部会議で決定した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン