/

この記事は会員限定です

日通、無人倉庫実用化へ

NECと提携、30年代めど

[有料会員限定]

日本通運は完全無人倉庫を2030年代をめどに実用化する。NECと提携して遠隔操作ロボットなどを導入し、人が介在しない倉庫の実現を目指す。両社は無人倉庫のノウハウを確立して物流企業にロボットやシステムを販売するほか、介護事業など他の分野でも活躍できるロボットの開発にもつなげたい考えだ。

日通の国内2~3倉庫で、1年間ほどかけて倉庫内での人手をかけた作業などの情報を収集する。NECのセンシング技術を活用し、荷物の入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン