/

この記事は会員限定です

「長江デルタ」舞台に綱引き

中国、サプライチェーンの自給自足狙う

[有料会員限定]

上海や江蘇省、安徽省などを含む揚子江デルタ地帯には2億3500万人が暮らし、中国経済の約4分の1を占める。中国政府はドイツとほぼ同じ面積のこのエリアを、環境に配慮し経済的自立を達成しようとする試みを先導する地域として選んだ。

アジア最長の川である揚子江は何世紀にもわたって、中国経済の主要な動脈となってきた。「長江」と呼ばれるこの川は、チベット高原から重慶、武漢、南京などの中核都市を経て上海で東シナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン