/

この記事は会員限定です

マーケットデザインを考える(2) 「上げ」や「下げ」、幅広い競売理論

一橋大学准教授 竹内幹

[有料会員限定]

オランダ・アムステルダム郊外にあるアールスメール花市場は生花の取引量世界一で知られます。この市場での競りは特徴的で、提示価格が徐々に下降する「競り下げ」、いわゆる「ダッチ(オランダ式)・オークション」が行われています。東京都中央卸売市場の花卉(き)の競りでもこの方式を採用しています。

オークションというと、美術品の取引などで買い手側の参加者同士が張り合って値段を上げていく、競り上げ式の「イングリッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン