/

この記事は会員限定です

後藤明生「首塚の上のアドバルーン」 千葉市幕張

眺めはパノラマ的で遠近感がなかった。

[有料会員限定]

かつて「馬加(まくわり)」と書かれた幕張の地(現在の千葉市花見川区南西部)は第2次大戦後に激変した。終戦時は今の国道14号あたりが海岸線で、南西側は遠浅の海だったのだ。海は埋め立てられ、やがて幕張新都心ができる。1989年には新都心の中心施設、幕張メッセがオープンした。

小説の主な舞台は埋め立て前からあった旧幕張だ。いや、古い幕張と新しい幕張がまだらに入り組んだ風景と表現した方が正確かもしれない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン