/

この記事は会員限定です

日銀、資金繰り支援を半年延長

決定会合、金融緩和を維持 気候変動対策で新制度

[有料会員限定]

日銀は18日の金融政策決定会合で、新型コロナウイルス対応の資金繰り支援策の期限を2022年3月末まで半年間延長すると決めた。コロナの影響が長期化して企業の資金繰りの厳しさが続くとみて、支援を継続する。金融機関の気候変動対応の投融資を後押しする新たな資金供給策の導入も決めた。

日銀は17日から2日間の日程で決定会合を開いた。黒田東彦総裁が18日午後に記者会見し、決定内容を説明する。

資金繰り支援策は9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン