/

この記事は会員限定です

過剰マネーの行方

[有料会員限定]

主要国ではマネーがあふれている。とくに米国のM2(マネーサプライ)前年比は約2割増と大幅な増加となっている。このマネーが財やサービスの購入に向かえば、物価の上昇となる。実際、足元では米国のインフレ率が上昇しているが、米連邦準備理事会(FRB)は一時的な物価上昇との見方だ。マネーが資産市場に向かえば、資産価格上昇となる。米国の株価・不動産価格は上昇し続けている。また、家計保有マネーがファンドなどへの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン