/

この記事は会員限定です

米大統領補佐官、米中首脳会談に意欲

10月のG20焦点

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は17日、バイデン米大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席との対面による首脳会談の実現に意欲を示した。10月にイタリアで開催する予定の20カ国・地域(G20)首脳会議で実現するかどうかが焦点になる。

サリバン氏は記者団に「首脳級の対話に代わるものはないから(16日に)ロシアのプーチン大統領と会談した。これは習氏にもあてはまる」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン