/

この記事は会員限定です

(追想録)フィリップ殿下 エリザベス英女王の夫

女王を70年支えた改革派

[有料会員限定]

「最愛のパパ」。20歳の若さで嫁ぎ、王室メンバーとの関係に悩んだ故ダイアナ妃は義父を慕ってこう呼んだ。特殊なファミリーに入ることの難しさを身をもって理解してくれる、数少ない存在だったからだ。

ギリシャ王子の息子として生まれ、エリザベス女王との結婚を機に王子の称号を放棄した。マウントバッテンという自らの姓を王室の姓に入れることが許されず不満を漏らした。国の機密文書も見られなかった。

それでも70余年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン