/

この記事は会員限定です

農水省、先端農業技術の情報集約

IT化へデータベース

[有料会員限定]

農林水産省はIT(情報技術)で農作業を効率化する「スマート農業」の普及に向けた技術情報の一元化に着手する。2022年度までに全国規模の官民協議会を設立し、各地の先進事例を集めてデータベースにする。農業の担い手の減少を見据え、自動走行する農業機械などの先端技術を導入しやすくする。

具体的には自動運転トラクターや除草用ロボット、農薬散布のドローンなどの事例を集約する。各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン