/

この記事は会員限定です

米FTC委員長に規制派、識者に聞く 「巨大ITに攻撃的に」

独禁法強化は道筋不透明

[有料会員限定]

バイデン米大統領が15日、米連邦取引委員会(FTC)委員長に米コロンビア大のリナ・カーン准教授(32)を指名し、就任した。アマゾン・ドット・コムなど米巨大IT(情報技術)企業に厳しい姿勢で知られる。米当局の競争政策にどのような影響を及ぼすのか。識者に聞いた。

2006年から11年までFTC委員を務め、08~09年に同委員長も務めたジョージ・ワシントン大のウィリアム・コバシック教授は「単なるFTC委...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン