/

この記事は会員限定です

バイデン氏、にじむ「内向き」

初外遊終了 米の指導力回復道半ば

[有料会員限定]

バイデン米大統領は16日、初の外国訪問を終えて帰国した。中国やロシアとの競争に備え、欧州をはじめ同盟国との関係修復をひとまず演出した。分断の爪痕が色濃く残る米国の指導力はもろさを抱える。「内向き」志向もにじむバイデン氏には、懸念払拭への圧力が国内外からのしかかる。総合1面参照)

「米国が戻ってきたことを世界に示せたと確信している。民主主義国家を結集し、世界が直面している最大の挑戦に一致した対応を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン