/

この記事は会員限定です

農業のデータ活用 若手多い都道府県 上位に

[有料会員限定]

農業従事者の高齢化による担い手の減少が深刻になっている。課題解決手段として、あらゆるモノがネットにつながるIoTなどスマート農業に視線が集まる。公表された農林業センサスを分析すると、若手従事者が多い都道府県ほどデジタル化が進んでいることがわかった。(日経グローカル413号に詳報)

酪農の1人あたり年間平均労働時間は2249時間と他産業に比べて長い。盆暮れ・正月もなく、分娩の手助けには24時間体制で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン