/

この記事は会員限定です

米ロ首脳が初会談

軍縮や気候変動を協議

[有料会員限定]

【ジュネーブ=永沢毅、モスクワ=石川陽平】バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領は16日午後(日本時間同日夜)、ジュネーブで初めて会談した。核兵器を柱とする軍縮や気候変動などで協力を探った。米ロ関係は冷戦後最悪の水準にあり、会談結果は国際情勢に多大な影響を及ぼす。

対面での米ロ首脳会談はバイデン氏が呼びかけたもので、同政権では初めて。公式な会談は2018年7月以来、約3年ぶりとなった。会談の冒頭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン