/

この記事は会員限定です

迷ったらストライク

[有料会員限定]

良くも悪くもメジャーの審判の特徴が出たのが、エンゼルス・大谷翔平が登板したダイヤモンドバックス戦だった。大谷が取られた2度のボークは、私にもなぜかわからなかった。最初のボークの判定に、大谷が両腕を広げ「なぜ?」というしぐさをした。審判はあれでよけい意固地になり、ボークに厳しくなった感じだった。

ちょっと頑固過ぎる。だが、あれは試合を仕切っているのは俺たちだぞ、というプライドの裏返し。

彼らは試合の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン