/

この記事は会員限定です

侍J、盤石の布陣

五輪代表に田中将・鈴木誠ら24人

[有料会員限定]

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は16日、東京五輪に臨む日本代表内定選手を発表した。日本球界に今季復帰した田中将大投手(楽天)が名を連ねたほか、巨人の菅野智之投手やオリックスの山本由伸投手、広島の鈴木誠也外野手、ヤクルトの村上宗隆内野手ら24人が選ばれた。スピード・アンド・パワーをテーマに掲げる稲葉監督の下、東京五輪で悲願の金メダルを狙う。

日本は五輪前哨戦だった2019年11月の国際大会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン