/

この記事は会員限定です

台湾海峡、居座る中国船団 統一迫る「グレー戦術」

最前線の島周辺、大量の砂採取

[有料会員限定]

中国・福建省にほど近い台湾・馬祖列島に多数の浚渫(しゅんせつ)船が訪れ、海底の砂を奪っている。中国の建設工事で使用するコンクリートの骨材にするためだ。中国の習近平(シー・ジンピン)指導部による台湾に「統一」への圧力であり、武力を使わずに脅威を高める「グレーゾーン戦術」の一環だ。

暗闇の中、何時間もかけて海底から砂を採取する機械の音が馬祖列島の静かな島々に響き渡る。数十隻あるいは数百隻もの船が列島の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン