/

この記事は会員限定です

木材、米中への輸出活況 米では住宅フェンス用

中国は梱包向け 日本、販路確保狙う

[有料会員限定]

経済回復が進む中国や米国向けに木材の輸出が増えている。中国向けは部品や製品を搬送する際の梱包材や住宅を囲うフェンス材に加工する丸太の需要が旺盛。輸出価格も最高値を更新した。住宅需要が堅調な米国向けには製材品の輸出が増え、単価も上昇している。世界的に木材価格が高騰する中、海外市場を狙う日本企業が増えている。

貿易統計によると、2020年の中国向けの丸太輸出量は約115万7千立方メートル。前年比22%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン