/

この記事は会員限定です

新見ソーラーカンパニー、太陽光パネル 95%リサイクル

熱分解処理を開発

[有料会員限定]

太陽光発電システムの開発・販売を手がける新見ソーラーカンパニー(岡山県新見市)は太陽光パネルを約95%リサイクルできる熱分解処理法を開発した。二酸化炭素を排出せずに処理が完了するという。パネルは25~30年が製品寿命とされており、今後は大量の廃棄が見込まれることから、処理能力の高いモデル装置を構想、提携先を探し製品化を進める。

同社が開発した手法は熱分解炉を活用する。断熱材を施した幅1.6メートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン