/

この記事は会員限定です

九州・沖縄も職場接種急ぐ スターフライヤーは他社と連携視野

実施に人数の「壁」、遅れで不利益 懸念の声も

[有料会員限定]

九州・沖縄の企業も新型コロナウイルスワクチンの職場接種の準備を急いでいる。すでに国に申請した西日本鉄道JR九州などに続き、スターフライヤーなどは他社との連携も視野に早期実現を目指す。ただ、1会場で最低1000人程度といった、地方企業には厳しい目安もある。田村憲久厚生労働相は緩和の意向を示すが、企業からは接種できないことでの不利益を懸念する声も聞かれる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません