/

この記事は会員限定です

RE:スタート 旭川家具(下)ブランド化、生産・販売改革

地域ぐるみで次世代育成

[有料会員限定]

旭川家具最大手のカンディハウス(北海道旭川市)は「最短3週間で納品」を合言葉に、2019年から「セル生産」を本格導入している。管理役を含め5人の作業チームが複数業務をこなしながら最終仕上げの手前までを1カ所で完結させるもので、流れ作業ラインは縮小している。

旭川家具メーカーは競争力をさらに高めるための改革に相次いで乗り出した。カンディハウスは生産改革の検討に3年を費やし、意識改革が浸透するまで時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン