/

この記事は会員限定です

東大医科研・日本IBM、コロナの変異をゲノムで可視化

[有料会員限定]

東京大学医科学研究所と日本IBMは変異した新型コロナウイルスの感染状況を可視化できるシステムを開発した。公開されている感染者から取得したゲノム情報をもとに、どの時期にどの地域で変異が起きているかや、感染者数などの情報を把握できる。

既に東大医科研付属のヒトゲノム解析センターで運用を開始した。新システムは、IBMの医療研究者らにゲノムの変異情報を提供するために使う既存のウェブアプリケーションを改良し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン