/

この記事は会員限定です

孤高の職人 丸山健太郎

[有料会員限定]

長野県の軽井沢で丸山珈琲を創業して30年。高品質の「スペシャルティコーヒー」を突き詰め、国際品評会の審査員も務めてきた。だが今でも「自分の味覚は時代遅れになっていないか」と不安になる。そんな時は東京・赤坂でワインバーを経営する吉田岳史さんに会いに行く。交流が深まったのは8年前。吉田さんが目利きした1杯で、本質的なおいしさと自分の味覚の正しさを再確認できる。流行に踊らされちゃいけない、と我に返る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン