/

この記事は会員限定です

転機迎えた法人減税競争(中) 米、企業の租税回避に歯止め

関口智・立教大学教授

[有料会員限定]

米財務省は4月、バイデン政権の法人税制改革の方向性を提示した。改革案による法人税収の見込み額は15年間で2兆5千億ドル(約275兆円)で、国内のインフラ投資計画の財源に充てる。これまで世界的に減税基調にあった法人税の課税強化をうたう点は、3月に法人税の強化を表明した英国とともに注目される。

本稿では、米法人課税の歴史的変遷、バイデン政権の意図、経済協力開発機構(OECD)での国際課税の議論との関連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン