/

この記事は会員限定です

原発事故前創立の全9小中が閉校 福島・浪江町立

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故による帰還困難区域内にある福島県浪江町立津島小・中学校の閉校が15日、決まった。町議会が関連する改正条例を可決した。住民避難が続く浪江町の町立小中学校は、事故前からあった全9校が歴史を閉じ、2018年創立のなみえ創成小・中だけとなる。

全町避難に伴い学校は休校したり、仮役場を置いた同県二本松市で再開したりした。児童生徒数は低迷し、今年春に7校が閉校。二本松市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン