/

この記事は会員限定です

挾間美帆が挑む交響曲×ジャズ

[有料会員限定]

大編成ジャズの作曲家として世界的に活躍する挾間美帆=写真=がプロデュースし、オーケストラでジャズを演奏するコンサートが7月30日、東京・池袋の東京芸術劇場で開かれる。挾間が「シンフォニックジャズ(交響曲とジャズが融合した音楽)の新鮮な魅力を届けたい。ライフワークにしたい企画だ」と語るシリーズ「NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇」の第3弾だ。

「曲を知らなくても興味を持ってもらえるよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン