/

この記事は会員限定です

ヤマダが銀行サービス

家電と住宅ローン一体で

[有料会員限定]

ヤマダホールディングス(HD)が銀行サービスに進出する。子会社を通じて銀行代理業の許可を得た。住信SBIネット銀行の基盤システムを使い、住宅と家電、家具をまとめたローンなどを提供する。家電量販最大手の参入によって小売業と金融の融合が進む。

住信SBIネット銀が仮想銀行「ヤマダネオバンク」を設ける。顧客はその口座を通じ、預金、ローン、デビットカードなどを利用する。実際にサービスを担うのは住信SBIネット銀だが、ヤマダHD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン