/

この記事は会員限定です

米宅配UPS、脱「豊作貧乏」

コロナ禍、利益率が改善 アマゾンの自前物流カギ

[有料会員限定]

米宅配大手UPSが、売上高の伸びが利益に結びつかない「豊作貧乏」から脱した。新型コロナウイルス禍での巣ごもり消費拡大を追い風にした値上げや構造改革が進み、利益率が急速に改善している。ただ主要な顧客の米アマゾン・ドット・コムは自前の物流網を構築している。同社の出方次第で値下げ圧力などが強まり、収益環境が激変する懸念もでている。

「2020年に10%強だった営業利益率を23年に最低12.7%、最大13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン